今では大勢の人がSNSを利用しています。
SNSと聞くと頭に浮かんだのは、フェイスブックやツイッターという人が多いでしょう。
でも忘れていけないのは、大手でもあり、むかしからあるmixiではないでしょうか。

愛人相場とタイプ

私もmixiを利用していました。
また、友達も大勢いて、mixiを楽しんでつかってのです。

生活も大変なので思いきって愛人募集をしてみようと考えたのです。ネットをみると、愛人募集をしている男性もおおく、また女性か愛人募集をしていると書き込みをすると男性からのアプローチも多いとあったからです。

その相場も若いほど高くなる傾向があり、20代だと30~50万円なんてのもありました。それほど貰うからには男性の言いなりかとも思いましたが、いまだと普通に仕事をしたり生活をしていて、男性が会いたいときに時間を作ればいいのと聞いて、愛人への不安も薄れていきました。

今だと主婦でも愛人募集に応募していたり、実際に愛人になって稼いでいるというのです。
これなら女性ならば、自分もという気持ちになるでしょう。

実際に体験談も多く、見てみると必ずしも美人やスタイルが良くなくても、愛人になったなんて体験もあります。
女性にあったパパはいくらでもいるということなのです。

mixiで愛人探し

そんな愛人の事情を知ってから、実際にmixiに愛人募集の書き込みをしてみて、反応を待つことにしました。
案外早く男性からのメールが来てこれはと期待が高まりました。

ところが内容は愛人契約のことはなくて、ただエッチをしましょう、会いませんかというものばかりでした。
本気で愛人になろうというものはなかったのです。
そんなメールばかりだったので、うんざりしてmixiでの募集は止めました。

SNSと愛人探し

いろいろネットの記事を検索してみると、SNSでのこうした愛人を探したり、他にも割り切りを探したりするのは向いていないという記事が多く見つかります。

確かにそもそもリアルな出会いを求める場ではなくて、ネットでの交流の場になっています。
実際に会おうと誘っても来ないケースも珍しくないのです。

さらにこうしたSNSでの愛人やセフレなどの募集は通報されたり、管理者にチェックされていたり、またリアルな知り合いだったりするのでなかなか応募しにくいのが現状のようです。

確かに応募してのさえ、バレるなんてこともあるからです。
また募集しているのもバレたら、グループから外されるなんてリスクもあります。

そもそも出会い系としての利用価値は低いと言えるでしょう。やはり、専用のサイトを使った方がもともとそこに来る男性も、そうした目的なので出会いにまで女性がその気になれば発展しやすいのです。

また、サイト自体がそうなるように検索機能をそれ用に用意していたり、また書き込みもその目的なので誰もがアプローチしやすくなっているのです。その場の雰囲気も大切なのです。

やっぱり愛人を探すときには、愛人専門のサイトや出会い系サイトを利用するのが一番のようです。