LINEは、今ではすっかり生活の必需品のようにも思えます。
これまでメールがコミュニケーションの代表でしたが、もうLINEがコミュニケーション代表とも言えそうです。

LINEが気になる

出会い系サイトやアダルト掲示板をみると、愛人募集がいろいろ見つかります。
私もと考えてしまいますが、やっぱり登録をしたり、掲示板を探したりするのと、けっこう大変です。

そこでふと気になってきたのが、LINEです。出会い系サイト内のメッセージ機能や掲示板の書き込みをするよりもLINEでやり取りをしたほうが、コミュニケーションしやすいという個人もと多いのではと思います。私もそう考えることもありました。

LINEで愛人募集

今ではネットをみてみると、LINEで恋人探しやさらに愛人募集を探せるとも言われています。
確かにLINEのIDを交換することで、相手を探せるとも言われています。

メールアドレスや電話番号を交換するよりもハードルが下がっているように見えます。
またネットでたくさんのIDがありますから、それだけ愛人募集のチャンスがあるということです。

また、地域や年齢がわかり、あと愛人募集ということがわかれば、まずは最低限の情報がわかります。
あとはIDを交換して、LINEで交渉すれば今だとさらっと進められそうな気もしています。

LINEで愛人募集のリスクとは

しかし、よくよく考えてみるとちょっと怖くはないですか。
というともLINEのID交換所わをみると、無作為にIDと年齢とメッセージが並んでいます。
そんなIDが誰でも交換できるというか送れるのです。

もちろん、メッセージが来たらブロックをすればいいだけですが、誰彼ともわずにメッセージが来るのは恐くなってもきます。それが直接来るから余計に気になってしまいます。

出会い系サイトやアダルト掲示板だと、まずは直接のメッセージでないので、まだ大丈夫そうな人と最終的に交換すればいいので安心できます。

そういう意味でもLINEの交換はどうなのかなと思いました。
あと、IDを交換していると、そのIDが使えなくなるなんてこともあるようです。

交換をしたことがない人だと、あれっとびっくりするかもしれません。
やっぱりあらかじめIDの交換についても情報を知っておかないと、あとあと損をすることもあるのです。

それでもLINEの交換所をみてみると、みなさんあっさりした内容で、いろいろな相手を募集をしているんだなと感じました。確かにここならば、うまくいけば見つかることもあるんだろうなとも感じましたが、その一方で知り合いの人にみられるリスクもあるなと思うとやっぱりLINEで探すのはとちょっと感じてしまいました。

人により蹴りなんだと感じたりもします。
でも利用してみて、実際に愛人を探せる人もいるのでよくよく考えて、利用していけばいいのかもしれません。

LINEも普段のコミュニケーションツールであるので、それを利用して探したくなるのは当たり前なのでしょう。