愛人になりませんかという男性からのメールに返信をして、愛人契約の内容を交渉する日々を送ったいました。

愛人交渉の経過は

私から金額はいくらですか、月に何回会いたいですか、内容はどんなことをするのかなど、細かく聞いていくと何人かの男性からは返事が来なくなりました。

どうやら本気で愛人募集をしている男性ではなかったようです。知り合いのいうとおり、愛人募集と称して女性と出会い、エッチだけして終わろうとしている男性のようです。

最初からすぐに会おう、いつ会えるというようなメールは無視していますが、結局、毎日誰からかは送られていました。それでもメールをしていたら、何人かのよさそうな人が残ったのです。

知り合いのいうには愛人面接があって、まずは会ってみてお互いに決めるということができるというのです。
そこで、エッチは抜きにして食事だけでお話を聞かせてとお願いをしてみました。
すると、二人はそれでもとオーケーしてくれたのです。もうどちらかから、選ぼうと決めました。

愛人候補に会ってみると

どちらの男性も50代と前のパパの同じくらいの年齢でしたが、片方は年よりずっと若く見えて格好良かったです。二人ともはじめて愛人募集をしたとのことで、こうしたことには慣れてなさそうでしたが、信頼できる印象はうけました。

お金の話を切り出してみると、片方は30万円、片方は25万円くらいと金額にも差がありました。すでにメールで月に何回あうかや、会う日時、お金の受け渡し、待ち合わせなどはメールでやり取りをして私の要望も聞いてくれてたので、不満はありまさんでした。

もちろんエッチもありということでした。また毎回食事するわけでもないので、時間もその都度付き合える時間となったので、それほど、昼間の生活にも支障は来さないようです。

格好いい男性の方が金額も高かったのです。
またその男性はIT社長だったので、今どきかなとも思いました。

確かに前回の会社の倒産も少し頭をよぎりましたが、やっぱりIT業界だと安定しているとも聞いたことがあったので、その男性に決めました。

もう一人の男性には、金額面で合わないとして断ったのです。
これならば、男性も仕方がないと諦めやすいとも聞いたのでこの理由で断りました。

ついに新しいパパが決定

それから、この男性にオーケーの返事を出して愛人関係が始まりました。
新しいパパとなってくれたのです。

新しいパパは、毎週1回会うことになりました。
曜日は必ずしも週末でなくていいので、私も友達付き合いや会社の付き合いにも営業は無さそうです。

愛人募集をしたことがないので、逆に私に気をつかっているようで、逆に大助かりです。
男性の中には今でもお金を出すから何でも自分に合わせろ的な方がいるのです。

高いお金だからと愛人にると、大変というクチコミをみたこともあります。
こうした男性は長くはつづかないのです。

今回のパパは気をつかってくれるので、安心です。
何回か会っていますが、エッチも良くて、お金もきちんと払ってくれるので満足しています。

後はこの関係が続けばと願っています。愛人募集のノウハウを教えたくれた知り合いにも感謝しています。