私の生活を支えてくれていたパパとの愛人関係が終わってしまって、これからどうしようかと悩んでいました。

昔の知り合いへ連絡

私はそれで以前に風俗をしていましたが、そのときに知り合いになった女性がいます。
風俗を辞めたあとでも時々、連絡は取り合っていました。

やはり真っ先に頭に浮かんだのは風俗の世界に戻るかです。
知り合いは今でも風俗をつづけていて、私の在籍していたお店にまだいたのでした。
お店の状況もどうなっているのか聞くためです。

知り合いも私にパパがいることは知っていました。
実は彼女もパパから愛人募集の話を聞いていたのです。
断ったのは彼女だったのです。

愛人募集の話を彼女からも聞いたときには、断られたから私に来たんだなとちょっと複雑な気持ちにもなったのですが、愛人生活が始まったら、すっかり満足していた私がいました。

お店の様子を聞いてみる

ですので、彼女に連絡をとってパパとの愛人関係が終わったことを伝え、お店のことを聞いたのです。
お店もまあまあ儲かってはいますが、女の子の数が多いし、若い女の子が指名が多いとことでした。

確かにそうでしょう、男性は若い女の子が好きですから。

エッチのテクニックは確かに上がったから、指名も取れるかなと思っていましたが、体力的に昼間の仕事が終わってからというのに心配していました。

すると彼女から新しく愛人募集をしたらいいんじゃないのと言われました。
実は彼女も最近から愛人募集をみて、愛人になったそうです。

だからお店の出勤も減ったとのことでした。
金額は私よりも少なかったですか、定期的に確実なので助かっているとのことでした。

再び愛人になることを決意

さらに話を聞くと、前のパパのように男性に直接に言われたのではなく、出会い系サイトやアダルト掲示板で探したらようです。

愛人を本当にネットで探せるのかと思ったのですが、彼女曰く可能ということです。
彼女から、このサイトを利用したらといくつかサイトまで教えてもらいました。

あと、お店に戻るのは様子を見たらと言われました。確かに一旦はいると、ある程度出勤をしないと、お店からも出勤しないかと催促もされるし、また不特定多数の男性とのプレイも多少気がひけていました。

風俗に入るとやっぱり彼氏も作れないし、また出勤が多くなるとプライベートもありません。
愛人生活をしていて、特にありがたいと感じたのが時間でした。

前のパパはメールは毎日来ていましたが、会うのは週に1~2回でした。
しかも急にその日になることは無くて、いつも事前に予定を組んでいたのです。

私が生理の都合悪い日は別の日にしてくれたりもして、けっこう私にあわせていてのです。風俗も私の都合で出勤すればいいのですが、送迎やお客さんの予約を考えると、急に取り止めることもできないし、休みが多いとお客さんはつかないのです。

それを考えるとやはり彼女のいう通り、愛人を探そうと思いました。
私も彼女との連絡のあと、紹介されたサイトをみて、愛人探しを始めてみました。